仙台 surf釣行記

ヒラメ、マゴチをメインにオフは近くの漁港でロックたまに黒鯛もやってます。負担にならない程度にup していきます。

リールが戻ってきました

修理に出してたリールがやっと戻ってきました!(長かった・・)

上級モデルではありませんが、お気に入りです!(デザインが前のイグジストみたいで・・)

コスパも良いですね!


修理にだして3週間、

その間クロダイ用のレバーブレーキで代用してましたが、

磯釣と違ってキャストして巻く回数が全然違うので指がめっちゃ疲れました・・


なぜ修理に出してたかというと、

ここ3か月ほど、魚を掛けてからのライン切れ、キャスト時のライン切れなどが結構あって、最近はそれがさらに酷くなってました。

自分の中で

「PEってこんなに弱いの?」

とライン切れ恐怖症に陥ってました。


今思い返せば、ラインを巻くときゴリ感とかあったんですが、ギアの方だとばかり思ってて、オフシーズンにオーバーホールに出そうか程度にしか考えてなかったんですよね~


修理に出した前日も釣友とマゴチ狙いに行って、魚かけてからのライン切れのバラシ。


ラインを交換して望んだ次の日の釣りも、いきなりの合わせ切れ、続けてキャスト時のライン切れ、最後はスプールの中で切れてるラインを発見、と3度のライン切れに見舞われました。(T_T)


さすがに鈍感な私も不振に思い、ラインチェック・・・

ラインのいたるところで切れかかってる部分を発見。


手で引っ張るとプッツン・プッツンと切れまくります。


リールを隈なくチェックするとラインローラーの見えづらい部分に傷が・・

ラインをセットしてゆっくり巻くと定期的にそこに引っかかります・・


ゴリ感の原因はこれだったのか~


今まで気づかなかったことが、

めっちゃショックでした(TT)

「もっと早く気づけよな~」

気づいていれば取れた魚もあったのに・・・


みなさんもリールのゴリ感、ギアだけではないので、不審なライン

切れがあったらラインローラーチェックしてみてくださいね!


普通の人は気づくのかもしれませんが(笑)


戻ってきたリールで明日はヒラメ釣るぞ~!

早く寝ないと・・

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。