仙台 surf釣行記

ヒラメ、マゴチをメインにオフは近くの漁港でロックたまに黒鯛もやってます。負担にならない程度にup していきます。

娘に買ってもらったルアー

最近の私の釣行頻度はと言うと、

土曜の朝釣行と日曜の朝釣行となってます。

夕方にもたまに行きたいのですが、夕方は高校で陸上やってる娘の自主トレのお付き合い。

約15キロの距離を自転車で伴走します。(自転車でも私にとっては結構きつい)

妻からは好きなことやってるんだからそのくらいしてよね!とよく言われます。

「みんな寝てる間に行って、寝てる間に帰ってくるんだから問題ねえだろ」

などとは口がさけても言いません(^_^;)


そこで娘に提案。

「今度海見ながら走ってみたら?凄くいい場所あるんだけど、そのあと釣りも出来るよ!」

娘「あ、いいねそれ」

おおー、交渉成立!


と言うことで娘と仙台サーフにやってきました。

「道はどこまでも続いてるから、好きなだけ走ってこい!」と娘を送りだします。

がんばれよー


娘が戻ってくるまで1時間ちょっと、1枚釣るぞー


娘にとっては長い1時間も、釣りをしてる私にとってはあっという間。何の反応もなくあっさり終了。娘が戻ってきました。

全身汗だく。すげーな~、デブ症の私には到底まねできません。


しばらくして娘が「釣りやらせてー」と言ってきたので竿を渡します。


1投目、手前にボトン。2投目は真横へ、3投目に至っては真後ろへ、

以前教えたことを完全に忘れてる。

私が教えようとすると、

「わかった、わかった、わかったからあっちいってて」と半ギレ状態。

なんとか前に飛ぶようになったかと思った瞬間嫌な音が・・・

「ブチッ」

娘「何か軽いんだけど」

当然ながらラインの先にルアーはありません。


「ガーン」殆ど使ってない「ぶっ飛び君」の限定色だったのに・・

(2000円)

安いメタルジグ付けとけばよかった。


落ち込んでる私を見て悪いと思ったのか、「大丈夫、新しいの買ってあげるから」と娘

(お前の少ない小遣いから2000円ももらえねえだろ)

「大丈夫、大丈夫気にすんな。ルアーまだいっぱい有るから」

と言うことで本日の夕方釣行は終了。


帰りの車の中で娘が

「お父さん、百均寄ってくれる?」

私「何か買うものあるの?」

娘「さっきルアー買ってあげるって言ったじゃん。お父さん百均にルアー売ってるの知らないの?」

「3個まで買っていいから」

(百均のルアーのことだったのか・・、百均ルアー3個もあっても・・)

「あっ、ああっ、悪いから1個でいいよ」

娘「遠慮しなくていいよ、じゃあ2個買ってあげるよ」

(遠慮してねーし)


そのあと百均へ行って、ルアー2個買ってもらいました。

使う機会があるかわかりませんが、とりあえずルアーボックスに入れときます。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。